【すこぶるアガるビル】池袋の2大ランドマークの素顔を徹底解剖『東京芸術劇場』2024/5/9放送

紹介された番組
 2024.05.10
東京芸術劇場 ビル 池袋
  • ブックマークとしてもどうぞ!

カテゴリ

近くのオススメのスポット

ラーメン 食事 麺類

【東京】東長崎「カネキッチン ヌードル」

【ラーメン大好き小泉さん 二代目】昆布水の淡麗つけめん『カ...

カツサンド パン 食事

【東京】池袋「とんかつ まい泉」

【ヒルナンデス とんかつ まい泉】謎解きデパ地下グルメ ヒレ...

東京芸術劇場 Tokyo Metropolitan Theatre

1990年に開館した総合芸術文化施設。
音楽・舞台芸術を中心とした「芸術文化の創造発信」「教育普及・人材育成」「賑わい」「国際文化交流」の拠点として、
年間を通して様々な公演やイベントが開催されている。
地上7階、地下2階建て、総床面積約5万1千平方メートルという広大な敷地には、大小4つのホールをはじめ、多様な設備が備えられている。
コンサートホールは、2,000人を収容できる国内最大級の規模を誇り、
世界最大級の回転式パイプオルガンを備え、クラシック音楽をはじめ、様々なジャンルの公演に対応できる音響設備が整っている。
1,000人を収容できるプレイハウスは、演劇やダンス、オペラなど、幅広い公演に対応できる可動式の舞台機構を備えている。
500人を収容できる小ホールは、リサイタルなど、小規模な公演に最適な空間となっている。
設計は、日本の建築界を代表する建築家である芦原義信氏によるもの。
伝統的な日本建築の要素を取り入れながらも、現代的なデザインを取り入れることで、独創的な空間を生み出した。
外観は、曲線と直線が織りなす有機的なフォルムが特徴。
アトリウムはパブリックスペースとして、劇場へ用事のない人でも入れるようになっている。
特に、メインエントランスの大きなガラス窓は、開放感にあふれ、訪れる人を惹きつける。
内装は、和のテイストを取り入れたデザインが随所に施されている。
特に、コンサートホールの天井には、木組みの格天井が採用されており、温かみのある空間を演出している。

  • 建築家・芦原義信:主な作品は、オリンピック駒沢体育館・管制塔、ソニービルなど
  • 目の前の公園も一緒に建築された
    外と中を繋ぐことで街全体が一体となり美しい街並みを作っている。
  • 駅直結となっているため、地下鉄の上には振動などを考慮し、建物を建てられなかった
    それがこの劇場を積み上げた珍しい形となったという。
  • 敷地には、多くのアート作品が飾られており、街を豊かにする取り組みがされている。
  • パイプオルガンは回転することで2タイプのパイプオルガンが設置されている
住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目8−1
TEL 03-5391-2111

ホームページ


Instagramをチェック

最新記事