【新美の巨人たち コートールド・ギャラリー】マネ最晩年の傑作『フォリー=ベルジェールのバー』×深川麻衣 普段所蔵している美術館は?2019/10/12放送

紹介された番組
 2019.10.12  2019.10.10
  • ブックマークとしてもどうぞ!

カテゴリ

近くのオススメのスポット

【イギリス】ロンドン「La Reserve Hotel」

【ヒルナンデス イギリス ロンドン ラ リザーブ ホテル】...

【イギリス】ロンドン「The Drapers Arms」

【アナザースカイII The Drapers Arms】大沢たかおが宿命の地...

コートールド・ギャラリー

世界有数の印象派コレクションを誇る、ロンドンの美術館
イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂
マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワールが第一回印象派展に出品した記念碑的作品《桟敷席》、セザンヌ《カード遊びをする人々》、ゴーガン《ネヴァーモア》など巨匠たちの代表作がずらりと並ぶ
美術館の創設者サミュエル・コートールド(1876-1947)はイギリスの実業家で、卓越した審美眼を持つコレクター
フランス近代絵画の魅力を母国に伝えたいと、1920年代を中心に、精力的な収集を行い
1932年、ロンドン大学に美術研究所が創設されることが決まると、コレクションを寄贈
研究所はコートールド美術研究所と名付けられ、その展示施設としてコートールド美術館が誕生

  • 2019年12月15日まで東京都美術館にてコートールド美術館展 魅惑の印象派を開催
    2020年1月には愛知展 2020年3月には神戸でも開催される
  • マネの傑作《フォリー=ベルジェールのバー》をはじめ、モネ、ドガ、ルノワール、ファン・ゴッホ、セザンヌ、ゴーガンらの油彩約50点を中心に、彫刻もあわせて展示
住所 Somerset House, Strand, London WC2R 0RN イギリス

コートールド美術館展 魅惑の印象派

コートールド美術館展 魅惑の印象派 公式ホームページ

コートールド美術館展 魅惑の印象派

コートールド美術館展の公式ホームページです。…

行く前に!見どころ&口コミをチェック

トリップアドバイザー

2019年 コートールド・ギャラリーへ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

コートールド・ギャラリー(ロンドン)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(3,408件)、写真(1,152枚)、地図をチェック!コートールド・ギャラリーはロンドンで40位(2,182件中)の観光名所です。…


この投稿をInstagramで見る

Today is your last chance to visit The Courtauld Gallery before we temporarily close our doors for a major transformation project for a period of at least two years. We thought we would highlight a work from our collection each day in the run up to closure and for our final day we are looking at one of our most loved and much celebrated works from the collection; Édouard Manet’s A Bar at the Folies-Bergère. This painting was Manet’s last major work. It represents the bustling interior of one of the most prominent music halls and cabarets of Paris, the Folies-Bergère. The venue opened in 1869 and its atmosphere was described as “unmixed joy”. In contrast, the barmaid in Manet’s representation is detached and marooned behind the bar. The Folies-Bergère was also notorious as a place to pick up prostitutes. The writer Guy de Maupassant described the barmaids as “vendors of drink and of love”. The painting was first exhibited in 1882, at the annual fine arts exhibition in Paris, the Salon. Visitors and critics found the composition unsettling. The inaccuracy of the barmaid’s reflection, shifted too far to the right, has continued to spark much debate. #inourcollection #courtauldgallery #inourcollection #courtauld #thecourtauldgallery #somersethouse

The Courtauld Galleryさん(@courtauld)がシェアした投稿 –